リスティング広告はクリック課金の仕組みになっている

リスティング広告は、検索連動型広告です。Google、Yahooなどの検索エンジンでキーワードを検索した際に、上下や右側に、スポンサードサーチと表示されている文字広告のことです。リスティング広告は、検索した結果と連動しているため、興味や関心がある人にクリックしてもらいやすいのが特徴です。一般の広告は、不特定多数に向けて広告を出しているため、ターゲットだけに訴えることができませんが、リスティング広告なら効率的にターゲットのみに訴えることができます。リスティング広告はクリック課金制になっていて、クリック単価にクリックされた数をかけ合わせた金額が課金される仕組みとなっています。クリックの有無で課金額が異なります。たとえ成果がなかったとしてもクリックされただけで課金されるため、広告はとうまくキーワードを選んで運用する必要があります。

リスティング広告をリンク元として、ランディングページに誘導をして、そこから成果を上げるのが一般的な戦略です。ランディングページは、すでに興味や関心がある人が訪れるサイトで、そういった人に訴えかけるための工夫がなされています。まず、取り入れればどういった結果が生じるのか、それは他とどう違うのか、今買うとお得、などの流れで作られることが多いです。見た目の特徴としては、とにかく目立つ派手なデザインになっていることが多いです。それでいてうさん臭くないように、メリハリをつけて、ターゲットに直接のアクションを期待します。ページは縦に長くリンクは設けられていません。最後に問い合わせや注文のフォームで締めくくられています。

通販のHPの広告運用は、うまくいけば直接成果を上げることができるため、売上アップに貢献するメリットがあります。しかし、うまく運用しなければ、広告運用費は無駄になります。クリックされて閲覧してもらったとしても、それが成果につながらなければ意味がないからです。いかにクリックした人が多く、アクションを起こしてくれるかにかかっています。そして、効率的な運用には、修正が必要です。作りっぱなしでは、放置していて効果が上がることはあり得ません。問題点を発見して、それを修正していくことで、コンバージョンを最大化させていくことができます。これは、ランディングページの運用をしている会社が得意なジャンルですから、運用会社に運用を任せるのも、効率的な運用には適している選択肢です。