リスティング広告の完全一致を選ぶ必要はあるのか

新聞などの広告を見たとき、広告に載っている商品やサービスが必要な人は、思わず広告を見て電話をし、商品の購入やサービスの利用を考えるでしょう。新聞広告などは原始的な方法ですが、それを必要としている人が見て契約をすることで業者は収入を得ることができています。ところがこの方法に一つ欠点があります。それは、ターゲットとしていない人に対しても広告を配らなければならないからです。極端な話、ターゲットとしている人だけに確実に広告を見せることができれば経費をかなり抑えることができるだけでなく、反応率も非常に高いものになります。そのためさまざまな工夫がされていますが、実はインターネットを利用することで非常に反応率の高い広告を出すことが可能です。

インターネットの広告の中でもリスティング広告は、検索エンジンで検索した言葉に連動して広告がしてくるため、その商品を対象としている人のみに広告を手段させることができます。例えば、健康食品と検索した場合、健康食品をキーワードにしている広告を表示させることができるため、クリックしてもらえる可能性が高くなるわけです。そのやり方が気に入ってリスティング広告を作る人は少なくありません。もし、リスティング広告を作る場合には、キーワードの選定が重要になります。キーワードは、可能なかぎり競争率が少ないものを選ぶべきです。競争率が高いと、そのキーワードを選ぶだけで結構なお金がかかってしまいます。

これからビジネスを始める人や、インターネットビジネスに慣れていない人はまずミドルキーワードあたりを狙うようにしておきましょう。その方がお金がかからないからです。キーワードを選ぶときには、部分一致と完全一致を選ぶ必要があります。例えば、健康食品を販売する場合に完全一致を選んだ場合は、「健康食品」と検索した人にだけ広告が出るようになります。逆に、「健康的な食品」と検索した人には広告を出さない仕組みです。完全一致のメリットは、その商品を欲しがって積極的にクリックした人にのみ見てもらうため、購入してもらう確率が高くなります。もちろん、それ以外の人は広告が表示されないため、もしかしたら健康食品をほしがっている人を見逃してしまうかもしれません。

このように、完全一致の文書を使ってリスティング広告を出す場合も、ランニングページが必要になるため、それを自分で作るのがなかなか難しいこともあります。この時には健康食品のホームページとコーディングに詳しい業者を選ぶことで解決できる可能性があるでしょう。