リスティング広告のワードを入れた営業電話について

リスティング広告は便利な広告なのですが。
リスティング広告の運用代行を手掛ける代理店では、営業電話を行ってセールスを行っていますが、リスティング広告と言う単語が含まれていると、営業電話をする相手企業の多くは電話を切ってしまうと言われており、商談フェーズに昇格する件数は50~100コールで1件程度などと言われています。
元々、営業電話は相手にとっては良いものはなく、大半の場合が迷惑と感じてしまうケースが多いのが特徴です。
相手が見えない電話ですし、リスティング広告がどのようなものか知らなければなおさらです。
ちなみに、受注率が商談3件の内1件の場合には、300コールして1件の受注になるわけですから、かなりの確率の低さと言えましょう。

このような受注コストでは運用代行を手掛ける会社としても運用スタッフを増やせないなどのデメリットもあるわけです。
しかしながら、リスティング広告の運用代行を行う代理店は決して少なくはありませんし、ランディングページは日々増加傾向にあります。
営業電話ではない良い方法があるのではないだろうかと感じる人も多いかと思われますが、電話を行っての営業であり、その電話の仕方と事前準備が必要になります。
電話については感謝されるような内容に持って行く事が重要で、そのための調査を行う方法があります。

リスティング広告やウェブページの中には「404 Not Found」になるページがあります。
「404 Not Found」は、リンクをクリックした時に、相手先が見つからない場合に表示されるメッセージです。
インターネットを利用している時、「404 Not Found」のページに遭遇した経験を持つ人も多いと言えましょう。
このような表示が出る理由は色々とありますが、現在運用しているウェブページの中にこうした表示が出るリンクがあると、ウェブページにアクセスしたユーザーに迷惑を掛けてしまう事になります。

企業の多くがウェブ担当者を配置していますが、中には運用代行会社に委託をしているケースもあります。
運用代行を手掛ける会社は、数多くの案件を抱えているので、細かな部分まで配慮が行われていないケースもあるわけです。
ちなみに、リンクが切れてしまっているウェブページや広告を探す時には、広告プレビューツールが便利です。
広告プレビューツールはインプレッションが発生せずに、通常の検索結果と同じように広告表示が出来るツールです。