リスティング広告と営業トークについて

営業マンが文字で説明をするコンテンツ制作。
営業マンが顧客と面会した時には、営業トークと呼ぶ営業マンが独自に考え出した話題を使い、顧客に対し商品やサービスの魅力を伝える事が出来ます。
営業トークの中にはシナリオなどがあるかのような、ストーリー性を持つ話し方もありますし、ワンポイントだけを相手に伝え、訴求力を生み出すケースもあります。
ランディングページは営業マンが話をする時と同じような形で、ユーザーに伝える事が出来るメリットがありますが、ランディングページはネット広告の一つでもあるリスティング広告からの誘導ページであり、まずはリスティング広告が検索結果に出現する回数を増やす事、そしてランディングページに移動するためのクリック率を高めるなどが重要なポイントになっています。

ランディングページへの誘導が最初のステップ。
リスティング広告は限られた文字数のネット広告ですが、この広告の中で営業トークとも言えるキーワードでサイトを覗いて見たい、アクセスをして見たいと思わせる事がポイントになります。
ちなみに、広告文は30文字までなどのように制限が設けられているので、この中でクリックして貰うための工夫を行った文章ライティングが必要ですし、検索キーワードに連動した広告でもあり、文章内に入れるキーワードは厳選したものを入れるなどが必要になります。
尚、リスティングの運用代行を行う代理店などの場合、キーワードの調査から決められている文字数内での広告文を立案してくれますし、その文章の中には短いながらも営業トークとして利用可能な文面も採用されているケースが多くあります。

今話題のHPとデザイン例について。
リスティング広告でユーザーに興味関心を持って貰えれば、次のステップではランディングページでの訴求が可能になります。
ランディングページは商品やサービスなどを詳しく説明が出来るウェブページになっているため、営業トーク的な文章ライディングを行い、商品を買う、サービスを使ってみるなどの行動を起こさせる可能性も高くなります。
ちなみに、ランディングページには幾つかのパートに分かれているのが特徴で、それぞれのパート毎にユーザーを誘導するための工夫が図られています。
中でも、最初にユーザーが目にするファーストビューはランディングページの滞在時間を長くする効果を持つ部分でもあり、ファーストビューのデザインがその後の行動を左右すると言っても過言ではありません。