リスティング広告のエリア指定方法とその効果

リスティング広告をする場合地域(エリアでも)を指定させる方法があります。使い勝手の良さでは世界規模で地域を特定できそれ以外も多数の指定ができるので利用率が高いGoogleAdWordsが挙げられます。他にYahoo!系列二つであるYahoo!スポンサードサーチとYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)があります。ただしこれらは日本限定の特定機能です。GoogleAdWordsより優れているのはYDNの市町村の精度ぐらいです。

エリア指定の違いとしてはGoogleAdWordsでのリスティング広告は非常に優秀です。都道府県から地区町村などによるターゲティングやある地点から半径の指定やらができます。地図画像で地域を選択する形です。除外地域ターゲットの場合は具体的に都道府県の一つを指定して地名に右端にある「付近」をクリックすると除外設定のボタンが出るのでその中で除外したい市町村を設定します。例として東京都をターゲット地域にするが島になっている村は除外するといった風に詳細の指定的に使います。海外対応では国別に入札単価を結果が出る国を高めに違う国は入札単価を低めに調整できます。しかも特定の国では空港や郵便番号をエリア設定が可能で空港のケースでは日本も入っています。ターゲティングされるのは空港にいる人です。

郵便番号は少なくともアメリカ・イギリス・カナダ・ドイツにおいては郵便番号による詳細な地域ターゲティングもできるとされます。アメリカでは平均収入までエリア指定を行うことができます。世帯あたりの平均収入によるターゲティングします。リスティング広告のYahoo!スポンサードサーチの地域ターゲティングは市区町村は大きなところに限られますが日本国内の都道府県、や市区町村まで指定できます。設定した地域ごとの入札価格調整や除外設定も可能です。YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)の地域ターゲティングはYahoo!スポンサードサーチよりも細かく地域してすることが可能です。よって市の区単位のターゲティングや除外を行うことができます。しかし地域のエリア指定しか利用できません。

HPの制作実績を上げるにはサイト訪問者をリードとして獲得するか販売につなげるかでページの内容が変化します。リード獲得なら訪問者が連絡を取るための何らかの方法(通常は電話番号またはお問い合わせフォーム)が含まれます。販売が目的の場合、通常リンク先ページには訪問者がクリックするための購入ボタンがありネット販売のようなカラクリです。