ランディングページは胡散臭いと思われないように作るべき

ランディングページとは、広義の意味では外部から閲覧者が最初に着地するページのことを指します。これは、特定のページのみをさすわけではありませんから、人によって異なる場合があります。ただし、ネットビジネスで用いられる場合は狭義の意味のランディングページを指すことが多いです。狭義の意味のランディングページは、特定の商品、サービスなどへの売り上げ、問い合わせを誘引するために用意される1枚のページで、リスティング広告がリンク元となっているページを指します。ポイントは、1枚のページで、リンク元からたどる人がすべて同じページに着地するようになっていることです。これは、直接の売り上げや問い合わせにつなげるために大きなメリットがあります。

一つは、分散しないため、訪れた人に提供する情報が一つで済む、ということです。もし、リンクを貼って多層構造にしてしまった場合、人によって着地する場所が異なることになってしまいます。そうすると、下層ページに最初に訪れた人の中には、前提となる情報がすっ飛ばされているページを見ても、何のことだか理解をすることができないなどの弊害が生じます。情報が少ないと胡散臭いと感じられてしまう原因にもなりますので、ランディングページはそれを避けるために、情報は1枚のページで伝えるようになっています。

また、リンクを貼らないという特徴もあります。リンクのクリック率はあまり高くありませんので、下層ページに情報を分散してしまっても見てもらうことが出来なくなります。つまり、大半のリンクをクリックしない層を取り逃がす可能性が大きくなります。そこで、ランディングページは、リンクを貼らず、1枚にまとめられた縦に長いページ構成となることが多いです。縦に長いのは、情報を1つにまとめるため長くなることも理由ですが、それでも情報量自体はそこまで多い訳ではありません。ランディングページは、視覚的に印象に残りやすい写真や大きな文字を多用しますから、長くなる面もあります。また、縦に長いと、読み手が自分のペースでスクロールして読み進めることができますし、途中で止まって再度そこから読み進めるということもしやすいですし、順番にストーリーが出来ているので読みやすいもいうことも採用される所以です。

ランディングページは、健康食品や化粧品、健康器具など、あらゆる商品やサービスに用いられています。そのため、見かけたことがある人も多いはずです。そして、なかには胡散臭い、と感じてしまう方もどうしてもいます。やはり、視角的に目立つ情報を多用して派手な印象を受けてしまうことや、ランディングページを使っている中には本当に胡散臭い情報商材なども有るからです。しかし、しっかりと工夫をすれば読んでもらうことはできます。最後まで読んでもらえることが出来れば、それを読んで納得して欲しいと思ってくれた人は、購入や問い合わせをしてくれます。現に、多くの商品やサービスでこの方式が用いられているのは、効果があるからにほかなりません。

今話題のHPと製作事例について扱うホームページは多いので、ランディングページとはいかなるものか、どういった点に気をつけて作成していくべきかという情報は入手しやすいです。ノウハウ等の具体的な面に関しては、無料で提供しているものは少ないですが、実際のランディングページの制作事例なら、見ることでテクニックを学ぶことはできます。例えば、話の掴み方や誘導の仕方、文章の運び方、画像やフォントの使い方などは、実際の制作事例を見ると、なんとなく読み取ることが可能です。それが効果を発揮するかどうかは、実際に運用して見なければ分からないことですが、比較をしてみて共通になっている事は、効果があるから活用されていると推測することができます。

そこで、分析をするならなるべく多くのランディングページを見比べて、傾向を掴むことがおすすめです。もちろん、自分で作成する場合でこのような手法でテクニックを学ぶ場合も、やりっ放しではいけません。運用してどの程度のアクションに繋がったのかを分析して、修正を加えていくべきです。修正を繰り返して結果を分析しての繰り返しをしていくと、より成果の高いランディングページになって行きますし、それにともなってノウハウも構築されていきますから、将来的に新しくランディングページを作っていく場合でも、蓄積されたデータを生かすことが可能となりますから、自前で効果のあるページを作ることができるようになります。

ノウハウの蓄積にはどうしても時間がかかってしまいます。確かにコストを抑えることはできますが、すぐに売上に繋げたい場合には、知識やノウハウがない段階での自前での制作は適してはいません。そこで、すぐに効果を期待したいならば、コストはかかりますが、ランディングページの制作代行会社を活用するのが良いでしょう。